ご挨拶


 今や世界各国で普及し進展を続ける切断穿孔技術。日本における歴史の端緒は、およそ50年前に遡ります。当初は高度経済成長期を中心とした道路の新設、維持、補修工事に特化された技術としてスタート。その後、上下水道や都市ガス、通信網の地下化などライフラインの急速な発展、近代化や、度重なる震災や災害を契機とした橋梁、ビル等の構造物の補強、改修、耐震化など、より安全、安心な都市づくりを支える中核技術として注目を集め、長足の進歩を遂げてきました。

 そうした社会的ニーズの高まりを受け、当JCSDA(日本コンクリート切断穿孔業協会)は平成4年に切断穿孔工法をめぐる情報交換と人材育成を目的に設立されました。特に近年は、市民意識の高まりを背景に、建設業においても環境に対して最大限に配慮しながら、資源の再利用など持続可能性を視野に入れて、新たな価値を創造するリノベーション技術の導入が喫緊の課題となっています。その意味でも、切断穿孔こそ、まさに未来を切り拓く先端技術であり、社会に価値を創造していく建設業の中の「サービス業」であると認識しています。

 当協会はIACDS(国際コンクリート切断穿孔協会)に加盟し世界各国とも交流しておりますが、環境への配慮、安全な施工という面において、日本の技術は世界に誇れる技術であると確信しております。

 これからも当協会は「ダイヤモンド工具で未来を創る」とのテーマを掲げ、業界内での新たな人材育成と技術の発展に尽力してまいる所存です。関係各位におかれましては、ご指導、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い致します。


日本コンクリート切断穿孔業協会 理事長 濵田 芳郎


ご挨拶


当協会は、ダイヤモンド工具を用いたコンクリート構造物の切断・穿孔工法の普及改良に努め、安全で高度な技術を確立することにより、社会的貢献と会員相互の親睦を図ることを目的としています。


○事業活動

 当協会は、上記の目的を達成するため以下のような事業活動を行ってまいります。


1.技術情報の共有

ダイヤモンド工具を用いたコンクリート構造物の切断・穿孔工法の技術・提案力を確立し、技術の向上や新技術の開発に努めると共に会員相互で情報を共有します。


2.安全性の意識

今、建設現場では、より快適に・より安全に施工することが求められています。当協会では、建設作業に携わる全ての方々にコンクリート切断・穿孔工法の正しい施工方法や安全の重要性を周知し、安全と安心を提供するさまざまな取り組みを行なっています。


3.建設業界での地位向上

会員活動により、ダイヤモンド工具を使用したコンクリート切断・穿孔工事が優れた技術として認められ、積算資料の作成や安全講習会の開催によりダイヤモンド工法業界の存在が認知されております。コンクリート切断・穿孔工事の普及と改良を進め、更なる会員の地位向上に努めます。


4.環境に優しい技術

建設業界では騒音、振動、粉塵などの環境問題と常に背中合わせの状態で、その対策に苦慮していました。そこで、自然の環境を破壊することなく、人と環境にやさしい技術で未来の都市再生のために大きな力を発揮します。


5.ニーズに合った技術提供

コンクリート構造物は、老朽化が進んでおり社会問題となっております。老朽化を防ぐための補修工事や耐震免震工事をスピーディーに行い、優れた技術で被害を未然に防ぎ、安全・安心な社会作りに貢献しております。